Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
img
Home / TRAVEL / [イギリス生活]郵便物の紛失・破損が起きた場合の対処法

[イギリス生活]郵便物の紛失・破損が起きた場合の対処法

/
1012 Views

どうも、マックス(@Max_Ezaki)です。

今回はイギリス→日本に国際郵便で荷物を送るも、上手く届かなかった場合の対処法をご紹介しましょう。
紛失・損害においても適用できますよ!

以下、レシートはきちんと保管していたというのが大前提で話を進めます。

今回の経緯

ちょっと前の話ですが、6月にイギリスから日本にちょっと大きな荷物を送ったわけですよ。
でも、8月上旬になっても送り先から「届いたよー」との連絡来ず。
心配になり確認してみたら「え、何も来てないよ」とのこと。
急遽日本の郵便局に問い合わせてもらったところ、「保管期間は一週間だけです。もうイギリスに戻しました」とのこと。

保管期間短過ぎでしょ。
そんなもんなの?

どうやら荷物が届いたときには不在だったらしいけど、不在通知なるものは何もなかったとのこと。
(日本帰ったときに郵便局問い合わせればよかった…)
それにしても、日本に送り返した割には一向にうちに戻ってこないなと。
気になってイギリスのサイトで調べるも
「7月12日に日本に届いたよ!」
という通知のみ。
その後のことは何も書かれていない。

激しく心配になり、最寄りの郵便局にレシートを持っていって確認をしたら

「うちは郵便物の回収だけで、配送物がどこにあるかっていう確認はしていないのよ。紛失・破損の場合はこの用紙に詳細を記入して、発送した時のレシート原本と一緒にクレーム部署に送ってね。」

と言われ、指定された用紙を渡されました。

まぁ、よくあるたらい回しですよね。

クレーム部署への書類はこちらからでもダウンロードできます。

今回の場合はRoyalMailですね。

記入してみよう

そして、急いで用紙に必要事項を記入

P58-Int-FINAL-APRIL-12_0(ドラッグされました)-2.jpg

表面

・送り主の詳細
・受取人の詳細
・配送した際の詳細事項
・配送内容の細かい情報(金額、どういった梱包をしていたか)
・配送の際にかかった合計金額(内容物含む)

P58-Int-FINAL-APRIL-12_0(ドラッグされました)-3.jpg

裏面

・チェック項目がいくつかあり、右側は該当箇所、左は確認事項なので全て満たしていれば全てにチェック
・今回の事例のうち「紛失・破損・受け取ったけどなんか足りない/何もない」という項目で当てはまるものにチェック
・最後にサイン

返事きた

で、これを送って1週間ちょいしてからお手紙によるお返事をいただきました。

「日本に確認したよ!そしたらもうイギリスに送り返してるって言われちゃった。送り返されてから12週間以内にはそっちに到着するから、それでもまだ手元に戻ってこないようならまた連絡頂戴!ホントごめんね><」

といった内容。
わりと早い対応で少しビックリした。

荷物戻ってきた

IMG 3505

本日ようやっと届かなかった荷物が手元に戻って参りました。

なんというゴミ袋スタイル

ついでに試しに職員の方に
「結局受取人に渡らなかったんだから返金できないの?」
と訪ねたが
「日本に届けるまでが配達であって、そこで受取人が受け取ったかどうかはまた別問題。というわけで返金はないよー」
とのこと。
まぁ、ある程度予想してたんで仕方ないと割り切った。
っていうか配送料ムダになったじゃん!笑

あとがき

国際郵便だと届くまでに時間がかかる分、戻ってくるのにも時間かかるから紛失したんじゃないかと心配になってしまう。
今回の件は重要な荷物が故にけっこー慌てふためいたので、他の方に参考になればこれ幸い。
レシートはきちんと保管してよかったと思いました!(どーん)
ちなみに、手紙だと一週間ぐらいで着きますよ!

ともあれ、荷物が無事だっただけ今回の件はよしとしよう。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Linkedin
  • Pinterest
  • Buffer
It is main inner container footer text
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。