Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
img
Home / TRAVEL / イギリスとアメリカでの英単語の違いでたまに会話が成立しなくなる

イギリスとアメリカでの英単語の違いでたまに会話が成立しなくなる

/
42 Views

uk-us-difference

イギリスに到着しSIMカードもゲット
目的地まで電車も面倒なのでタクシーを捕まえたときの出来事

イギリスでのSIM自販機はクレカ購入も可能で大助かり!

2015年09月24日時点、終値£1=183.02(以下換算時、端数四捨五入) 参照:GBP JPY 過去のデータ-Investing.com

クレカも使えない、現金もない

冒頭の記事の通り、クレカ利用にすっかり味を占めました。
当然タクシーもクレカでいけると思うじゃないですか。
少なくとも日本では問題ないし。

でもタクシーを捕まえようとしているところは、既に空港から若干離れてるので両替所はない。

クレカの利用も不可(今回のタクシーにおいて)
タクシーの運ちゃんには

「そこにATMあるから降ろしなよ」

と言われる。

わかってるよ。
それは知ってるんだよ。
でもね、ぼくの持っている日本の銀行カードでは海外引き落としできないのだよ。
これを説明しても当然運ちゃんは「?顔」
仕方ないから目の前で実際に下ろせないことを証明してあげる。

そうしたら運ちゃん、別の案を提示してきた。

「petrolの代金は£25(¥4576)だから、それを代わりに払ってくれたら乗せて行ってやるよ。目的地的にも同じ金額だし。」

ペトロ!?
なんで突然男性名出てくんの?男性の料金を代わりに払えってどういうことだよ。

と、軽く身震いしながらも
「ペトロって何?」
と聞いたら
「あー、いいからまずはついてこいよ」
とタクシーで連行される。

あぁ…、いよいよか…などと思ってたらすぐ近所のガソリンスタンドに着く。
ここでもしやと思って「ペトロ」でググってみたところ、案の定ヒット
どうやらイギリスではガソリンのことをペトロと言うらしい。

petrolの意味 – 英和辞典 Weblio辞書

その他の単語比較

今回のようにガソリン1つで単語が違うように、他の単語でも同じことが起こります。その例をざっくり書き記しておきます。

ガソリンスタンド
(英)petrol station
(米)gas station

エレベーター
(英)lift
(米)elevator

地下鉄
(英)tube / underground
(米)subway

※(英)でsubwayと言うと、地下道のことを指します。

フライドポテト
(英)chips (フィッシュ&チップス、のアレ)
(米)french fries

ポテトチップス
(英)(potato) crisps
(米)(potato) chips

挨拶や表現にも差が

挨拶
(英)Are you alright?
(米)What’s up?

在英時iPhoneに問題があって、イギリスのAppleStoreに行ったら店員に上記の表現を使われました。あえて
“No, I’m not.”
と返答。

褒める時の表現
(英)Brilliant, gorgouse, lovely
(米)Awesome

先述同様、イギリスのApple Storeであえてawesomeを使ったら鼻で笑われました。
lovelyはマジでよく使う。

あとがき

と、こんな感じ同じ言語でも国が違えば表現も違ってくるし、当然発音も違ってきます。
今回みたいに表現はともかく、単語そのものが違うと結構会話に苦戦することもたまにあるので、事前に知っておくと便利やね。

今回ご紹介したものはは実体験に基づくものなので、
「うちでは違うよ!」
「こういう表現もあるよ!」
というのも出てくると思います。
その時は教えていただけると嬉しいです。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Linkedin
  • Pinterest
  • Buffer
It is main inner container footer text