Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
img
Home / TRAVEL / Heathrow空港での入国とフリーWi-Fi接続手順

Heathrow空港での入国とフリーWi-Fi接続手順

/
944 Views

来たよー!!
ロンドン!!!
1年ちょっと振り!

降り立ったのはHeathrow空港のTerminal 3てとこです。
Terminalは1〜5まであるんですけど、当日までどこに降りるのか知らされず。

空港着いた

久々のHeathrow空港で若干テンション高まっております。

20140603135718

当たり前だけど英語のみの表記

入国審査受けようぞ。

20140603140121

安定の曇り空
これぞロンドンでしょう。

20140603140302

EU諸国にもなると、入国の際は「EUパスポート所持者」か「それ以外のパスポート所持者」で区分けされます。

20140603140320

こちらが「EU以外のパスポート所持者」

今回のHeathrow空港みたいにEU以外にも飛行機がびゅんびゅん飛ぶ空港では、「EU以外のパスポート所持者」の窓口の方が圧倒的に込みます。
それに大してGatwickなどのEU諸国メインの空港だと人数が逆転して「EUパスポート所持者」の窓口が激混みします。

フリーWi-Fiの接続

香港では接続が簡単だったし、時間無制限でフリーだったので特に触れなかったけど、ここのは若干手順があるのでご紹介
(iPhone前提でございます)

20140603061118 Fotor Collage 2

まずは「設定」>「Wi-Fi」から
「_Heathrow Wi-Fi」を選択

そうすると勝手にログイン画面に遷移するので、そしたら「45 minutes FREE」をタップ
つまり、45分間なら無料でWi-Fi使えるよってことです。
それ以上は課金でございます。

20140603061204 Fotor Collage 2

そうすると、必要事項入力画面へと遷移します。
上から

  • Title
    ミスターとかミセスとかそういうやつ
  • First Name
    下の名前
  • Last Name
    名字
  • Email
    メアド。捨てアドとかでいいかと。
  • Flight no.
    フライトナンバー。搭乗券に記載されております。

最後に I agree to the Terms & Conditions (承諾するやつ)にチェックを入れ、下の方にあるボタンをタップすればおっけー
これより45分間は無料で繋がります。
入国審査までの時間つぶしにぐらいだったら余裕で使える。

ちなみに、画面上に言語設定できるとこあるけど、日本語はありませぬ。

入国する際には、窓口で
「どれぐらいいるのー?」とか
「どこに滞在する予定?」とか
「何目的?」とか色々聞かれるけど、ビクつかなくてもおっけー
別に怪しまれている訳ではないです。
世間話だと思えば。

というわけで、Wi-Fiを接続してフライト中大変盛り上がっていたであろうWWDCの結果を眺めながらするりと入国しましたよ。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Linkedin
  • Pinterest
  • Buffer
It is main inner container footer text
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。