Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
img
Home / FOOD / 【レシピ】いよいよ腸詰め機の出番だ!!早速レバーソーセージを作ったぜ!

【レシピ】いよいよ腸詰め機の出番だ!!早速レバーソーセージを作ったぜ!

/
1768 Views

腸詰め機

年明けにチャレンジしてみたソーセージ作り
やっぱ腸詰めしたいよねってことで購入した腸詰機

これでもドイツ人の端くれ。 ソーセージの1本や2本自作ぐらいできないと恥ずかしいわけですよ。

やる気と材料は揃った
あとは実践のみ!!

ってことチャレンジしたよ!
自作腸詰めソーセージ!!

◼︎材料

材料

•具材
レバーブロック 300g
豚挽肉 250g
羊腸 2mぐらい
人参 半分
玉ねぎ 半分
ニンニク 2片
卵 1個

•調味料
すりおろし生姜 小さじ1杯
赤ワイン 大さじ2杯
塩 適量
コリアンダー 適量
唐辛子エキス(何か辛そうなやつで代用可) 適量

◼︎作るよ!

レバー
▲まずは臭みと血抜きのために、レバーをスライスして30分ほど牛乳に漬け込む

野菜
▲人参、タマネギ、ニンニクをざっくりみじん切り

チン
▲みじん切りした野菜は耐熱皿に入れて、ラップをして3分ほどオーブンでチン

すりおろし生姜
▲野菜たちを暖めている間は生姜を擂り下ろす

水洗い
▲牛乳漬けしたレバーを洗い流す

ぶっこみ
▲羊腸と卵以外の具材を全部フーロプロセッサーにぶっ込んでウィンウィンかき回すよ!
前回の反省を活かし、今回は一気に投入せず分割しました。

たまご
▲混ぜたらボウルに移し替えて、卵を1入れて再度混ぜる

賞味期限
▲さてさて、いよいよ購入した羊腸の出番!
意外に賞味期限長いのね。

腸洗う
▲購入したばかりの羊腸は塩漬けにしてるんで、お水に浸して塩分を洗い流す。
ただ、ここで超重大な事項を見落としていたことに気付く。
再度購入したリンク元へ飛んで確認

スクリーンショット 2014 03 09 18 10 08

……

スクリーンショット 2014 03 09 18 10 20
▲なんてこったい…数時間もやる時間なんてないよ…ま、いっか
ってことで、ひたすらお水出してモミモミして固まってる腸を解した。

じゃじゃん
▲そしてそして!
いよいよ使うよ!先日購入したばかりの腸詰め機!

つめつめ
▲まずは腸に詰めるお肉を腸詰め機に詰めて行く簡単なお仕事

根元まで
▲お次に腸詰め機先端に腸を被せていく

ぎゅぎゅ
▲セッティングが整ったらこのグリップをニギニギして徐々に腸にお肉を詰めて行く

ぐるぐる
▲詰め終わった
腸詰め機1回分でこれぐらいの大きさ
250gぐらい
端っこは凧糸で縛ったよ
ただ、この縛る作業は腸詰め機を持ちながらでは到底できず、早々にママンに
「ヘルプ!!」
と言って助けを求めた。
もうこの時点で一人で作るの無理じゃないですか…

ここからはママンも作業に加わったのでじゃんじゃん詰めて行くよ!!

おうふ
▲おぅふw
お漏らししたでござるwww
不可避wどうしようwwww

ちょっと
▲とか油断してたらつるんと滑ってノズルから腸が抜けてしまったんで中途半端な大きさで一回中断

注意!
▲ちなみに、お漏らし防止には根元を抑えながらお肉を注入しよう!

ぜんぶ
▲全部のお肉詰め終わり
ぐるぐる3本とちょっと詰まった
もうこの時点でお肉屋さんとかで売ってそうなレベルですね!!

残り
▲ノズルに若干残ってたんで、これはこの日の晩飯中華丼にぶち込んでいただきました

お湯張り
▲お次はお肉をある程度固めるために蒸すよ!
鍋に水を張って

蒸すよ
▲肉まんとか蒸すやつにクッキングシートを敷いてソーセージを乗せる
和洋折衷ならぬ中洋折衷ですね
よくわかんないけど

でも、このままでは作ったソーセージ全部入り切らんから

二段
▲二段にしてみた

さぁさぁ、あとは蒸し終わった後焼いて食べるだけ!!

■出来上がり。実食!

IMG 9588
▲やばくない!?
ねぇ、これ…やゔぁくなああぁぁい!?

なんかお店で売ってそうなレベルで一人でテンション上がっちゃったよ!!!
さて、肝心のお味はとういうと…

…ちょー失敗した……ショボーン━━(´・ω・`)━━(  ´・ω・)━━(  ´・ω)

■なんで失敗したのか

考察①蒸し過ぎ
とりあえず30分ぐらい蒸すかぁ、と思って25分過ぎた辺りで様子見たら

割れた
▲割れてた

やべぇぇぇぇ!!
と思って急いで全部取り出して

蒸し上がり
▲一応全体的に蒸し上がるも

肉汁
▲よくよく見るとお肉のお汁がダダ漏れ
これが今回の失敗の大きな原因
中華用の蒸し器の威力舐めてた…

なんかソーセージの味が薄くて軽くパサついてるからまさかと思ってこの肉汁舐めてみたら、肉汁ウマすぎ
肉の味どころか調味料の味まで全部持っていかれてた

そして恐る恐る鍋に張っていた水の様子をみたら

肉じるの無駄遣い
▲嘘みたいだろ
肉汁が全部漏れ出してるんだぜ、これ

考察②レバーとひき肉の割合間違えた

レバー:ひき肉=300:250にしてたことに終わってから気付いたわ。
これはやりすぎ。
レバーの味が強く出過ぎて逆に鬱陶しい。
レバー1に対してひき肉2ぐたいでもいいかもしれない。

考察②調味料の量自体少なすぎた

今回のレシピに挙げた調味料は全体的に量が少なすぎたわ。
吹き散らかした肉汁に全ての味を持っていかれたことを差し引いても少なかった。
倍ぐらい増やしてもいいかも

■今後の展望

レバー入れるとか他のフレーバー入れるとか、燻製するとかそういうトリッキーなことは一度置いて
凄いシンプルなソーセージをもう一本作ろうと思う。
ひき肉と簡単な調味料だけで。
これが上手くいってからアレ入れたりコレ入れたりすればいいのよね。

次回はガッツリシンプルで美味しいの目指すよ!
そのうちソーセージに合うソースも作る予定 🙂

Posted from するぷろ for iOS.

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Linkedin
  • Pinterest
  • Buffer
It is main inner container footer text
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。